スポンサーサイト

2016.12.05 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    デクリア イン メランコリー

    2016.06.10 Friday
    0
      002


      ここで一旦振り返りとして、或いはたるんだ自分への戒めとして一度記します。



      自分のぷよの目標地点がどこにあるかと言うと、ぷよぷよというゲームを遊び尽くすことに他なりません。それがどこまで行けば遊び尽くしたことになるか、これ以上ない程に理解したことになるのかはわかりません。そういった意味では目標"地点"という表現は些か誤謬を孕んだものなのかもしれません。

      ただ少なくとも、わかりやすく顕在化ものでこの目標地点を表現するのであれば。あればですが、全1になるまでは遊び尽くした、理解しきったとは言えないでしょう。これは自分が全1になれる、などという傲慢でもなければ自負でもありません。これが現実であり、事実であり、夢であり、また一方で夢の途中の通過地点でもあります。



      端的に言ってしまえば、あんなに遠い世界ですら、通過地点として飲み込むようなものをゴールにしている、ということです。そんな大きな、得体の知れないものを相手にしてよくやっていられるな、などという話です。そんなの無理だからやめておけ、などとニヒル気取った自分は自分に笑ってしまいます。





      よくぷよぷよに関して言われることは、「成長が全然目に見えなくてつらい時期が多すぎる」ということでしょうか。

      例えば音ゲーであればクレジット数を重ねることである程度の範囲まではザクザクと成長し、努力の対価はスコアという数値で、筐体やゲームそのものとの勝負として数値化されます。

      一方でぷよぷよというゲームは、いやぷよに限った話でもないですが、相手というものが存在して、調子もガンガン揺れて、努力しても数値にすぐには反映されず。或いは努力が間違っているかもしれないし、すべてがムダかもしれない。そんな中でなんとか道を見つけて暗闇の中を手ぶらで手探りで辿らなければいけません。



      そんな藪の中を進むうえで、目標地点を途方もなく遠くに、あるいは存在しているかすらも怪しい場所をゴールとして設計して、なんで続けられるか、妥協をしないか、ということについてですが、



      そんなもの理由は決まっていて、このゲームがつらい時間を乗り越えてでもやり続けたい、先に進めたいという程に楽しいものだからです。至極単純な理由に気付かず、あるいはこんな複雑な理由を前に、「クソゲー、二度とやらない」などと目を閉じてしまうのは勿体ないし、当然です。個人的には「クソゲー」などと"表立っては"言わないでほしい(新規さんから見たらこわいから)とは思いますが、



      これだけ楽しいからこそ、自分はここまでの時間を費やしているわけです。

      ACを熾烈にやるようになった2015年9月下旬以降、実戦や机の上でウンウン唸った時間、動画を見てたじろいで、シミュに落として考えて、相手のいないとこぷよをしてまた実戦をその数倍やって、このゲームにかけた時間、考えた量というものは誰にも負けていないと自負しています。これは自己欺瞞ではないし、だからと言って充分だとは微塵も思っていません。でも時間をかけてあれこれ考えて実戦をしてはその仮説を否定し、少しずつ搾り粕を集めて浸透させて、といったことを繰り返した、今も繰り返している自分を裏切りたくはありません。





      遠い遠いゴールまでの通過地点として、ブレークポイントとして、あるいはチェックポイントとして。このブログではA級になること、もっと言えば入れ替え戦を突破して、まずは店舗予選に出ることを掲げています。ただそれもあくまでブレークポイントであり、チェックポイントでしかないわけです。ただそれにすぎないのですが、自分(の実力)からすると、自虐的かつ現実的に言えばかなりの大事(おおごと)です。言ってしまえば、現状いまあるような、こんなところで止まっていられないのです。特に最近は焦る毎日ですが、それでもじっくりと構えていなければいけない。やはりつらいものですが、つらいだなんてたるんだことを言ってはいられないというわけです。
      そのほかcomments(0)|-|by sym

      徒然6/9

      2016.06.09 Thursday
      0
        前のABABという記事についての訂正ですが
        敵味方問わず連鎖が全く見えないときにカサって手を止めてもムダでした あてにしないようにしましょう


        やはり手を止める場面というのは互いに睨み合いで動けない場面、飛ばし保持のツモが来た(かつ相手に好戦的な構えがある)場面、形の経過時間を止めておきたい場合など

        まあなんにせよ悪いときに手を止めたら落ち着けるなんて甘い蜜は存在しませんでした。苦酸っぱいですね。


        ただどうやらネットぷよの方はあまり悪影響が出ていないみたいで
        無双しているだとかそういうわけではありませんが、自分が何をしているかを最低限把握出来ているので勝ち負け問わず「これを続けていけば上達するはずだ」といった手応えがあります。

        でもなぜかACには反映されるどころか、どんどん成長と逆行しているように思えます。苦酸っぱいですね。我慢の時期とはいえ、やはりなかなか辛いものがあります。

        いくらか自分の中で仮説はあってそれを1つずつ潰していかなければならないのですが、それを実行するのもなかなか難しいです。

        いちばん手掛かりになるのは「すごく相手がやりやすそうにしている」ことですかね。
        以前までは大抵「うまく動けなかった」みたいな感想が多かったのですが、最近はあらかた相手の調子が良いのです。つまりそれって、攻めが単調すぎるか、プレッシャーがなさすぎるか、その双方です。

        2往復、あるいは1往復のやり取りですら殆ど無いように思えます。マルチも組めていません。得意としている連携や割り込み狙いのインファイトも殆ど出来ていません。
        なんだか不安定な塔の上に立って戦っているようです。これが2週間弱続いています。いやあ苦酸っぱい

        プレッシャーをかけることが出来ていないからといって変にグチャグチャ攻め込むのも勿論違います。良い形からの攻め込み、あるいはどっしり構えて待っている のであれば、こんなグラグラした歯槽膿漏みたいな戦いにはならないはずです。
        そういえば地元の歯医者さんはとても優秀ですが、よく言われるような、かわいい歯科さんのツインエンジェルがソフトプレスみたいなことは一切ありません。とても優秀です。かくも世間とはこう、上手くいかないものです。苦酸っぱいですね。
        そのほかcomments(0)|-|by sym

        ABAB

        2016.06.08 Wednesday
        0
          する メモ

          手を止めるとこで手を止める カサカサです
          悪い時は何も考えずに置いていて全然カサカサしてない するべきとこでしていなくて、相手がちょっと想定と違う方向で撃ってきた時などに完全に手が止まる

          少しのらりくらりと手を止めて自陣を箱庭ロックショーにする そのためのABABが必要だなあと あきらかに感覚の狂っている試合のリプレイをみて思いました
          そのほかcomments(0)|-|by sym

          ネクストステージ!

          2016.06.02 Thursday
          0
            あーーー1日で2回更新してしまいます
            まあよかろう

            昨日の深夜にネットぷよやって、自分の中で1つの区切りを感じました。

            なんというか、今日からネクストステージです! 連戦中に聴くプレイリストも大幅にアップデートしました。結構気分変わるんですよこれ


            やることをザッとメモします。

            ・伸ばし談義のアレ(最重要!)
            詳細はそのうち書くかもしれません

            ・残しの意識
            もともと意識はしているのですが、その意識レベルをもう2段階上げるというか
            この意識が弱いとどうしても悪い残しを平然としてしまいます。何が残るか、をより強く見据えることで勝手に残しが良くなります。

            ・量不利状況有利の追い討ち
            素早くマルチ、でも発火色が来ない時は諦めて連鎖系に切り替えて催促or対応をしっかり見据える


            当たり前のことすぎて、「何をいまさら」と思われるかもしれません。でも、そんな当たり前が完璧に出来ないようでは次には進めません。ネクストステージ! 追い上げていきましょう!
            そのほかcomments(0)|-|by sym

            と、いうことで

            2016.06.02 Thursday
            0
              伸ばしができないから先撃ち本線軸メインの中盤にする、なんていうことはありません
              ボクは罪を背負うと言いました。背負うのです。

              伸ばしの練習というか、伸ばしについてこの前、某天空の塔さんとおはなししたことがあります。実戦の中だとどうしても慌ててしまって忘れてしまうので、強く意識してやります。具体的に何かはまだちょっとナイショにしますが、やります


              ここからが新しいスタートラインです。ボクはすでに前を向いています。下剋上をしにいこうぜ!!!!!!!!!!!!!


              Jagabeeのしあわせバター味の復刻はまだですか あれがあればぷよぷよつよくなるきがする
              そのほかcomments(0)|-|by sym
               
                  

              ページの先頭へ