<< はやいやつ | main |

スポンサーサイト

2016.12.05 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    凝視に関する提案

    2016.12.05 Monday
    0
      あまりにもJUGEMのスマホアプリが使いずらくなってしまったのでブログは近々移転します。
      ついでにもう少し見やすく纏めようかなと思います。嘘かも、たぶん嘘 移転はホント


      - - -
      さて本題、ぷよにおけるトンデモテーマの1つ、凝視の話です。

      これは2ダブです。
      いやそれはそうなのですが、相手がこれを組んでいたとして、「あっ2ダブだ」ではダメなのです。


      「クンクン……2ダブの匂いがする……」です。


      もっといえば、ここで2ダブの風を感じてください。


      ひとくちに『凝視』と言うと、「ある一点について状況を把握する」ことだと何処かで誤解、曲解、あるいはこれで良いはずだという願望かもしれませんが それで片付けてしまうことがあったりするような気がします。

      実戦においては、ある一点について把握するとは、凝視の中でも単なる「確認作業」であることが多いです。
      ようは状況が確定する瞬間・前後の凝視ということになります。つまり、
      ・速攻を撃つか撃たないかの判断時
      ・相手がなんか発火してきた時
      ・自分が伸ばしになった時
      ・連携の2撃目を狙うか狙わないかの場面
      (・↑と似た感じですが、割り込みorシンクロ系の本線を撃つかどうかの判断時 追い撃ちなど)

      いや結構多いんですよもちろん これがある程度の精度で出来たら、凝視が出来ると信じちゃうんじゃないかなとか思うんですよ。恥ずかしながら、ちょっと前の自分です。いやでも思っちゃうよね!!!

      ただ今挙げた事例はすべて「確認作業」であるべきなのです。例えば2ダブの風を感じて、それに合わせて形の展開を選択して、もし相手が2ダブを撃ってきたものならその時点で「ああやっぱりな」だとか さっきの図だと青紫をゴテゴテ4-5列目に足してるのを横目に「狙うよねえ〜w」なんて
      そういうのが凝視の本質だったりするのかなと思いますが、どうでしょう? 難しくなってきましたね

      これを支える技術が、形に対する理解力や経験則、いわば連鎖技術なのは言うまでもありませんね。


      まあ結局 凝視は 頻度なのよね
      こうさつcomments(0)|-|by sym

      スポンサーサイト

      2016.12.05 Monday
      0
        |-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









         
        Others
        プロフィール サイト内検索
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        新しい記事 コメント
        アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ