<< 前線に根城1 | main | むずがゆさ(小ネタ) >>

スポンサーサイト

2016.12.05 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    前線に根城2

    2016.07.17 Sunday
    0
      前線に根城、の「前線」側のお話をかきます
      最近意識してるけどどう捌いたら良いのかがまだ全然把握しきれていない……

      - - -


      たとえば15手まで捌いて形がこうなったとして
      こっからどう展開するのが良いかって考えた時に


      ここで支えが出来たら確かに強いのですが


      たとえばこう置くと寿命が迫ります

      ここで(土台終わりに〜中盤入りの時間で)この形に何を見るべきかというと、すごくざっくり言うなら「前線はどこか」 つまりどこで戦うか、戦えるか だと思います

      1枚目の形を見た時に、「第二折+紫発火のマルチ系のタネ(赤発火で+1連)」なのはすぐ見えると思いますし、この青黄を置くときに見えているのは足切りラインだとは思いますが(見えなかったら見えるように練習!)
      2枚目の置き方をする時点で、このへんのルートを結構ガッツリと潰してしまうことになります。少し言い換えれば「どこで戦うかを意識できていない」ことになります。

      これは相手を凝視うんぬん以前の問題で、この時間帯に自陣の前線はどこになるかを意識出来ていなければ論外、ってわけです。

      ……とはいえこれってなかなか難しくて、この時間帯でムリな構えを見据えると場合によっては詰むわけです。ただ単に前線に足軽を置いて特攻させるのではよくなくて、前線に根城を建てなければいけないのです。
      前線をどこに作れそうか、と考えたときに良いレパートリーを持ってくること、そして状況に応じて適宜それを編集して、相手次第では前線からスパートをかけて攻撃していって、……

      前線をそもそもちゃんと作る、ということが中盤前期に備える前提で、そこから無理なく組み進める構築技術が中盤後期くらいでの支えになるわけです
      そこから少し編集をすること、あるいはカードを一気に切ること、そのへんは凝視とかの方になるんでしょう
      結果として生じるのが「中盤の形」ってやつだと思います。

      このあたりの話が今ピリオドでの自分のいちばんおっきな課題になりそうです
      こうさつcomments(0)|-|by sym

      スポンサーサイト

      2016.12.05 Monday
      0
        |-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









         
        Others
        プロフィール サイト内検索
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        新しい記事 コメント
        アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ