<< 雑草に水をやる5/19 | main | 好奇心 >>

スポンサーサイト

2016.12.05 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    雑草調理5/23

    2016.05.23 Monday
    0
      前の記事で形への理解が肝要だ、と書きました。確かにこれが妥当な答えで、かつ辻褄が合うのではないかとも言いました。

      まあそれはそうなのですが、一方で納得はしていないともくどくどと述べました。
      このギャップは何なのかと言うと、実戦における展開の違い、特に相手がいるということ、そのへんから発生するものでした。やはりこれだけではおままごとなのです。

      相手の形、それに対する理解とは言っても、やはりそれでは不十分です。何が必要かと言うと、相手の形に対する理解に対する理解、とでも言いましょうか。

      色々すっとばして言えば、形への理解なんて言うものは「静」の場面で遺憾無く発揮されるもので、「動」の場面ではやはり何かしらの択を切らなくてはいけなくて

      択を用意出来ることは形への理解、で済むのですが、どこで折り合いをつけるかだとか、どう対処するかだとか

      あるいは逆に相手に択を押し付ける、即ちデンゲキセンってやつですね、それもまた「動」の展開の中で考えなくてはいけません。

      現状ではなく先を見据える必要があるので、形への理解+未来への理解とでも言いましょうか。


      さて、何を書いているのか分からなくなって来ました。読んでいる皆さんも恐らく少しずつスクロールする指がはやまってきている頃でしょう。

      平たく平たく言えば、「どっしり」と「ざくざく」です。やはりこの分岐点は形の理解から来るものなのでしょうが。
      理解して臆病になるのは良くないのです。常に100点の選択をする必要はなく、寧ろその行動原理は100点ではないのですから。

      自戒の意味をこめて。


      草々


      次くらいはぷよ図が貼ってありそうなやつにしたいですね
      こうさつcomments(0)|-|by sym

      スポンサーサイト

      2016.12.05 Monday
      0
        |-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









         
        Others
        プロフィール サイト内検索
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        新しい記事 コメント
        アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
        qrcode
        オススメ Others ムームードメイン
            

        ページの先頭へ